探偵業法って何?

探偵業法って何?

探偵業法って何?

インターネットで探偵を探すと色々な探偵社や興信所がみつかると思います。

 

インターネット広告でもかなら沢山でてくるから、本当にどこで頼めばいいのか分からない状態。

 

また、探偵業を営む会社の中でも悪質な業者が増えてきているのも事実でして、そういった悪徳な探偵業社から市民をも守ろうってことから探偵業法って法律が平成19年6月1日から出来ました。

 

 

探偵業の業務適正化【探偵業法】

 

探偵業法って、上記で述べた通り、庶民を悪の手から守る法律ですが、基本的に探偵業を営む人たちに対してどうするべきかを述べた法律です。

 

つまり、探偵業法って、探偵業務の適正化を図るための法律なんですよね。

 

探偵業って、調査依頼を受けたあと、依頼対象者の行動を監視するために張り込みや尾行をしたり、対象者に関する情報を得るために面接や聞き込み調査をしたりしますよね。

 

このような営業をしますよってことを、必ず届けなさいってことです。

 

でも、届を出せば何でもOKかって事ではなく、探偵業をしているってことを国に報告するだけで、届け出をすれば特別な権限を与えられるってことじゃないです。警察などとは全く違いますからね。

 

 

探偵業社の義務について

 

このようなことから、探偵業を営む者は必ず都道府県の公安委員会に届け出をしなければならないことになっています。つまり、公安委員会に届け出をだし、そこで認められた業者でなければ探偵業をしてはいけないことになっているわけです。

 

そのため、依頼しようと思っている業者が公安委員会の届け出が出ているかを必ず調べるようにしてください。

 

法律を遵守しないような業者は真っ当な調査はしないでしょうし何よりその調査の信頼性が薄くなり裁判での資料となりえない場合もありますからね。

 

探偵業者の義務については下記の通りです。

 

書面の交付を受ける
名義貸しの禁止
契約内容に関する書面や重要事項説明書の交付
秘密保持義務
探偵業務の実施における規制
従業員名簿の記載
探偵業届け出証明書の提示
従業員に対する教育、指導

 

探偵業開始届出書は必ず提出しなければならない

 

探偵業法について、先に述べていますが、平成19年6月1日から営業所のある公安委員化愛に探偵開始届出書を提出しなければならないことになっています。

 

この開始届出書がないと探偵業を営むことが出来ないことになっていますから、絶対に確認してくださいね。

 

依頼する探偵社に行く際、確認事項の一つになり、この届出がなされていなければ高い確率で悪徳業者ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気調査の費用節約というと、自分でできる範囲までは事前に調査してから調査会社へ依頼することです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。パートナーの行動を毎日記録するようにすればいいのです。毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってくる時間、電話が掛ってきたなら、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。調査にかかる時間が短いほど支払い額も安くなります。探偵が気づかれないようにしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、パートナーが警戒心を抱くことになって証拠を残さないようにし始めたりして、証拠が揃わないこともあります。たとえ探偵が浮気調査をしても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査を始める前にちゃんと確認しておきましょう。自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても離婚を避けたいのなら密会の場面に行こうとするのはするべきではありません。パートナーを裏切ったことがバレた途端にパートナーの感情を逆なでしてしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまうことがあるでしょう。加えて、浮気相手と話をしたことによって、大きなストレスになってしまうのです。依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならば終わりというものではありません。浮気を調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。そういう時に、一番に依頼人のことを最優先に考えてくれるのが信頼に値する探偵と言えます。探偵が信用できるか否かは、相談した時の対応などで慎重に判断する事を心掛けてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ